09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : travel~Puglia~

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Puglia(プーリア)2日目 ⑥ Ostuni

2011.07.04 *Mon
ホテルのお兄さんに予約してもらった、Osteria del Tempo Persoへ向かう途中、
勝手に我々が思うザ・イタリアな風景に遭遇。後ろ手を組んだおじさまたち、集合の図。

ostuni04

なぜだかおじさまたち集ってるのだよね。そして、なぜだか後ろ手を組んでいるのだよねぇ。

ostuni05

さてさて、Puglia(プーリア)は、野菜を使った料理の数々が美味しそう!というイメージがあって、
無謀だとは思いつつも、2人前からだという前菜の盛り合わせを注文。

でてくる、でてくる、前菜だけでテーブルが完全に埋まってしまうほど。これ、全部前菜。

ostuni06

ostuni07

ostuni08

ostuni09

ostuni10

どれもこれもかなりおいしいのだけど、あーとってもじゃないけど、食べきれん。

ostuni11

オレキエッテもめちゃめちゃおいしいのに、必死で食べても半分がやっと。もうダメ。完敗。

はい、やっぱり実力不足でした。でもね、1回やってみたかったのよー許してぇ。
結局、オットは食べ過ぎの胃薬にお世話になり、私もベッドにバッタリ。スミマセン、ゼイタクして。

Puglia(プーリア)2日目 ⑤ Ostuni

2011.06.28 *Tue

より大きな地図で ostuni を表示

2日目の宿泊先は、Hotel Monte Sarago@Ostuni(オストゥーニ)。

Locorotondo(ロコロトンド)から、宿泊先に到着する直前の大きな道路のカーブのところで、
Ostuni(オストゥーニ)の白い街がぱーーっと右手の方に拡がって!

ostuni01

宿泊先は、大きな道路沿いにあって、どこに駐車場があるのか、さっぱりわかんなくて、
車から降りて駐車場の場所を聞いてくるか、と車を降りようとしたら、
満面の笑顔がすてきなスタッフのお兄さんが出てきてくれて、案内してくれました。

ostuni03

建物そのものも、お部屋も、近代的で新しくて、とってもキレイ。

ostuni02

ホテルの窓から見えるOstuniの白い街並みがまたいいのだよ。街灯ちょいジャマだけど。
施設も場所も、スタッフのホスピタリティも文句なし。あーココに泊まるコトにしてよかった!

親切なお兄さんに甘えて、夕食のレストランの予約も頼んじゃったのでした。

Puglia(プーリア)2日目 ④ Locorotondo

2011.06.26 *Sun

より大きな地図で Locorotondo を表示

Alberobello(アルベロベッロ)からLocorotondo(ロコロトンド)へ。

Locorotondo01

Locorotondo(ロコロトンド)は、「円い場所」って意味なんだって。
小高い丘の上にある、まぁるい白い街。

Locorotondo09

丘の上から見下ろすと、さっきまで見えてたトゥルッリがちらほらと。

ツーリストインフォで地図をもらうつもりが、ちょうどシエスタで、そんなトコまでもしっかりお休み。

小さな街なので、気が趣くままに歩いてみると、予想ができないすてきな風景が次々と。

Locorotondo02

Locorotondo03

Locorotondo08

Locorotondo04

Locorotondo05

Locorotondo06

でも、街の入口にあったトイレで、管理人のようなおじいちゃまが、絵葉書と地図をくれてさ。
トイレのためにいくらか払うって日本ではないよなぁと思うけど、
こういうトコはそれなりにきれいにしてあるので、安心といえば安心。
しかもココのおじいちゃま、何かの拍子によろけた私の肩を支えてくれたのよ。やさしーい。

Puglia(プーリア)2日目 ③ Alberobello

2011.06.22 *Wed
おいしいジェラート屋さんがあると聞いてたので、食後のデザートに行かなきゃね、と。

alberobello09

おみやげを売ってるトゥルッロで、お決まりのマグネットと置き物を買って、
そこのおじさんに場所を聞いてみたの。
ったって、簡単な英語+住所とお店の名前が書いてあるのを見せただけなんだけど!

イタリア語で説明してくれるおじさんとイタリア語が理解できない私たち!

でも、ジェスチャーってスゴイ。ちゃんとコミュニケーションできるもんね。
「真っ直ぐ行って左だよ」ってわかったし!無事にお店も発見。おじちゃん、ありがとう!

alberobello07

alberobello10

イタリアにて初ジェラート。っていっても、私はレモンのグラニータ。うーん、美味じゃ。

alberobello08

もしかしたらツーリスティックなカンジの街かも?とも思ったけれど、
このトゥルッリが並ぶ景色は圧巻。Alberobello(アルベロベッロ)、やっぱ来てよかった。

Puglia(プーリア)2日目 ② Alberobello

2011.06.21 *Tue

より大きな地図で Alberobello を表示

Bari(バーリ)からAlberobello(アルベロベッロ)へ。

alberobello01

このとんがり屋根のかわいい建物「トゥルッリ」を実際に観たかったんだ。

alberobello06


建物のサイズとか数で決まる税金についての対策として、
すぐ解体できる建物として岩を積み上げて作られたのがはじまりなんだって。

お昼は、トゥルッロ(トゥルッリの単数形なんだって!)の中の1つのお店へ。

alberobello05

alberobello02

前菜は茄子とズッキーニの焼いたモノ。

alberobello04

オットはピザを。ちょっとイマイチの様子。うーん、ピザと思わないでパンと思えばいいかも。

alberobello03


私は、Pugliaの名物だという、耳たぶの形をしたパスタ「オレキエッテ」、初トライ。
cime di rapa(チーマ・ディ・ラーパ)と呼ばれるからし菜との組み合わせ。
上にのってるパン粉のカリカリしたのもおいしーい。

Puglia(プーリア)2日目 ① Bari

2011.06.20 *Mon

より大きな地図で Bari を表示

Bariの宿泊先は、Mercure Villa Romanazzi Carducci
ココでは朝食付きのプランにしてなかったので、朝食を探し求めつつ、お散歩。

さすがPuglia(プーリア)の州都、Bari。立派な駅だなぁ!

baristation

こちらのお店で、まずは朝食。普通のクロワッサンとカプチーノのつもりだったんだけど、
クロワッサンの中にはアプリコットジャムとかベリー系のジャムが入ってて。
このベリー系のジャム入りクロワッサンが、相当おいしかったなぁ。

bariasa

baristation

そして、旧市街へ。

barikyushigai01

路地の先を曲がると、そこにどんな風景が拡がるのか予想できないワクワク感。

barikyushigai02

洗濯物がほしてある街並も、海のニオイがするのもいいなぁ。

bari1

アコーディオンを弾いてる人もいて、その音がまた雰囲気いいの。お金は払わないけどね。

Puglia(プーリア)1日目 ③ Bari空港

2011.06.19 *Sun
pugliabariiki

ローマでトランジットして、Bari(バーリ)へ入り、レンタカーをピックアップするためにHertzへ。

pugliahertz

なぜだかHertzばっか混んでる!

バスクの旅で実証済みの優れモノナビ「Never Lost」を、今回も予約してたの。
ただ、このナビ、ホントは手渡ししなきゃならない決まりがあるらしく、
今回、帰りのフライトが朝早くって、車の返却タイミングが店舗のオープンより早いもんだから、
直接手渡しで返却できないわけ。で、事前に日本のHertzスタッフ経由で交渉してもらってたの。

ところが、Never Lostの予約の話は通ってなくてさ。ま、そんなことはありそうな話だけどねぇ。
でも、Hertzのスタッフのお姉さん、テキパキ具合もホスピタリティもすばらしくって!
結局、「Never Lost」も無事借りられ、日本語案内での設定もしてくれて、
返却時にはトランクに入れとけばいいよってコトにもなり、無事に今日の宿泊先へ!

Puglia(プーリア)1日目 ②―機内―

2011.06.18 *Sat
ローマ行きの機内。

pugliamoufu

緑の毛布をみて、アリタリア航空なんだなぁ、と。

pugliaorange

オレンジジュースを頼むと、それはブラッドオレンジ! やった!
ブラッドオレンジって普通のオレンジジュースよりビタミンCが2倍なんだって!
これから、イタリアに向かうんだなぁと実感。

機内エンターテインメントの中で、ベルリッツの語学学習のプログラムがあって、
ゲーム感覚で、いろんな言葉が学べるようになっててね。
イタリア語をちょこっとやってみたんだけど、これが意外とおもしろくって。
ただ、イラストから想像しちゃったり、消去法とかで答えちゃったりもできちゃって、
イマイチ身になってない感もあるんだけど、気楽にできるってのはいいね。

Puglia(プーリア)1日目 ①―成田空港にて―

2011.06.14 *Tue

より大きな地図で Bari を表示

今回のプーリアの旅の入口はBari(バーリ)。
日本からの直行便はないので、スイスエアで、チューリッヒ経由で行くことに。

夜中のうちにwebでチェックインも済ませ、スーツケースを預けて、空港でゆっくり朝食♪
…のつもりが、スイスエアのカウンターで、地上スタッフから衝撃の一言。

「チューリッヒ行きのフライト、キャンセルになったの、知ってますか?」

pugliaflight1

…え?! 朝、急に機体をメンテすることになったんだってさ。そんなん、知らんがな!

「Paris(パリ)じゃなくてBari(バーリ)です」とか、「Bariって国どこだっけ?」とか、
振替フライトの手配を確認中のスタッフの会話が聞こえてきて、不安な空気、漂いまくり。

2時間後、アリタリア航空で、ローマ経由でBari(バーリ)に入る便に振り替えられることに。
あぁ、よかったぁ。一応予定どおりの日付のうちにはBariに入れることになって!

ただいま!

2011.06.13 *Mon
イタリアのかかと、Puglia(プーリア)を旅してきました!

イタリアも意外に湿気あるじゃん!ってびっくりしたんだけど、
帰ってきたら、梅雨の日本はそれを上回る湿気の量でした。さすがです。

ぼーっと寝たり起きたりの浅い睡眠状態が続く時差ボケのせいか、
テレビでやってた『トリック』を観たせいか、
ついには友人まで殺しかけるという恐ろしい夢をみて、現実か夢かわからなくなくなり、大混乱。
さっき、その友人にメールして、無事であることを確認して、ホッとしました。

あぁ、殺人者にならなくてよかったよ、私。

たまった洗濯も済ませ、今日からはシゴトにも復帰し、日常が戻ってきました。

プーリアの旅、記憶がうすれないうちに、これからちょこちょこと記録していきたいと思います!

SkyClock

ブログパーツ『SkyClock』:http://flash-scope.com/



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア



プロフィール

Qchin

Author:Qchin
以前の職場での呼び名は「Qちゃん」。
毎日、頭にくることやイライラすることが結構ある。
だけど「いいな」と思うこともきっと一つくらいはあるよな、と自分に言い聞かせています。



月別アーカイブ



QRコード

QR



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



Copyright © 今日の“いいな♪” All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。